ゲームを巡って母と息子のしょうもない戦いは続く。

息子が最近3DSというものを知ってしまい、とても今興味津々のようです。
しかしうちの息子はまだ3才。

先日、いとこのお兄ちゃん(小学生)がやっている姿をずーっとそばから離れずに見ていたんですが、その日の帰りには「ぼくもスリーディー、ディーエシュ、やりたいなぁ」と言い出しました。
きちんと言えてない所が何とも可愛らしいのですが。

さすがにこんな小さいうちに自分専用のゲームなんて買ってあげられません。
自宅に旦那のゲーム機はいくつかありますが、旦那がたまにプレイするのを見てたりするくらい。

そこで私は、「いとこのお兄ちゃんみたいに大きくなって小学校に行かないと買えないよ」とか「今はお金がないから買えないよ、小学校に入るまでにお金ためとくからね」と言ってうまく誤魔化しました。
誤魔化したつもりでした。

その後、息子はというと何かにつけてDSやりたい!という気持ちをアピール。

ご飯を全部食べた後‥
「全部食べたよ。
大きくなったよ!」も息子。
私が褒めると、「大きくなったらスリーディー、ディーエシュやるんだよ。
がっこう行くんだよ。
」とすかさず返ってきます。

「大きくなったけどまだまだかなー。
まだお金もないし。
」と言うと、
「お金ない?ないの?」と繰り返します。

ご飯前の時間におやつを要求してくる時なんかも、もうすぐご飯だからと我慢させようとすると「だって大きくなるんだもん!」と‥。

この間は外出先で、突拍子もなく急に「ねえお母さん。
スリーディー、ディーエシュ、お金ないの?お母さんお金ないの?」と大きな声で言い始めました。
さすがに恥ずかしかったので、違う話題を振って誤魔化しました。

おそるべきゲームへの執念。
なぜ男子はこんなにゲームが好きなのでしょう‥。

でもまだまだ買い与えるつもりはありません。

いつまでこんなやり取りが続くのか、先が思いやられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です